【重要】職場のフキハラを回避する方法【それはあなたが悩んじゃダメ】

職場でめっちゃフキハラ被害受けてるんだけど…フキハラを回避する方法が知りたい

こんな悩みを解消しましょう。

実際に職場に一人はフキハラ職員いますよね?

スイッチがわからないから常にご機嫌チェックしないといけないって感じで仕事以外に膨大なエネルギーを使って無駄に疲れちゃうんですよね。

でも、このフキハラ被害を回避する方法があるのでシェアしときます。フキハラにあっても悩まない方法も併せて解説します。

フキハラの悩みから解放されて普通に仕事したいって人は読んでおいて損はないです。

この記事でわかること

  • 職場のフキハラを回避する方法
  • フキハラ被害に遭いやすい人の特徴
  • フキハラに遭っても悩まない方法

この記事を書いてるボクについて

人間関係が難しい?と言われる介護業界で20年働いています。もちろん今回のフキハラもですがパワハラ被害にもあってきました。
今でもそれっぽいことはあるんだけど散々鍛えられてある必須スキルを身につけたのでわりと平和に生きてます。

本題に行く前にフキハラって何?って人のために簡単に解説しときます。

フキハラとは

不機嫌ハラスメントの略。
不機嫌な気分な時に周りに八つ当たりしたり、不快にさせたり困らせてしまうこと。

具体的には下記。

  • ネチネチ絡んでくる
  • めっちゃ怒鳴る
  • 急に無視してくる
  • 物に当たりだす

いつもはそうでもないのに不機嫌な時には上記みたいになる感じ。

スポンサーリンク

職場のフキハラを回避する方法


フキハラ被害を回避する最善の方法はスルーすること。

相手にしないのが一番効果的な方法です。
スルーってやつはめちゃくちゃ優秀で、あらゆるハラスメントからあなたを守ってくれます。

なので受け流す、聞き流すの精神で不機嫌な人はスルーしましょう。

とはいえ、そのスルーが難しいんですよね。なので、簡単にスルー出来る方法を解説しときますね。

ちなみにスルーは職場だから効果あること、ご家庭でやっちゃうと大きな溝ができる場合があるので使いどころは間違えないようにお願いいたします。

フキハラをスルーするコツ

不機嫌な人がいたら「何かしちゃったのかなぁ?」とか思って顔色伺ったり、消極的になったりしちゃうかもだけど心配しなくていい
大体のことはあなたのせいじゃないから「落ち着くまで放っておこう」で健康に過ごせるよ
吹き出物と一緒であれこれ触るよりそっとしといた方が治りが早い

フキハラをスルーするには相手を吹き出物と思うこと。
フキハラの「フキ」は吹き出物の「フキ」。そう。フキハラは吹き出物、ニキビですニキビ。

これネタでも何でもなくマジです。

フキハラ=吹き出物説

  • 炎症起こしてるとき=不機嫌な時
  • 炎症が治まってるとき=機嫌がいい時
炎症起こしてるときに触っちゃダメ。悪化します。
触れるなら炎症が治まってる時。

これと一緒で機嫌の悪い時はそっとしておいて機嫌のいい時に関わるって覚えておいてください。
仕事上無視したりするのはあまり好ましくないので不機嫌な時は刺激を与えないようにそっと触れましょう。

フキハラ被害に遭いやすい人の特徴


フキハラの被害に遭いやすい人の特徴を紹介するので当てはまるなぁって人は気をつけてくださいね。

フキハラ被害に遭いやすいい人の特徴

  • 周りを気にしちゃう人
  • 空気を読む人
  • 繊細な人

大体上記に当てはまるようなまじめな人です。で、こういう人が下記のように悩んじゃいます。

  • イライラしてるなぁ
  • なんでイライラしてるんだろう?
  • もしかして私のせい?
  • またイライラさせて私はダメだなぁ

真面目でいち早く気づいちゃうからこんなふうに悩んじゃうんですよね。なので、悩まない方法を下記で解説します。

フキハラに遭っても悩まない方法


フキハラにあっても悩まない考え方があるんだけどそれが下記のツイートに凝縮されてます。

仕事でミスしたりすると怒鳴られたり責められたりすることあるけど、「自分がミスしたから怒鳴られるんだ」って全部自分のせいにしちゃダメ
怒鳴る人が指導力ないからそうなってるだけ、ミスはあなたの責任でも怒鳴られるのはあなたの責任じゃない
指導できない相手のせいだから気にしちゃダメ

このツイートは不機嫌な人に対しても当てはまって、そもそも機嫌が悪いのはあなたのせいじゃありません。

もし万が一あなたのせいだったとしても不機嫌になって周りに迷惑をかけるのはあなたのせいじゃなくて不機嫌になった人のせいです。

あなたが解決する問題じゃないんですよ。自分の機嫌ぐらい自分で取ってもらいましょう。
あなたの大切な時間はあなたが幸せな人生を生きるために使ってください。

あなたが悩むのは自分のことだけ、人の問題で悩まないこと。

これを忘れなければきっと大丈夫。人のために生きるのはやめましょ。自分の人生を生きましょう。

この考え方はアドラー心理学では「課題の分離」と言うんだけど「嫌われる勇気」っていう本に書かれてます。めっちゃ本質的なことが書いてあるので読んでみてもいいかもです。

下記の記事でもボクがめっちゃ凝縮して要約してるのでそちらもよかったらどうぞ。

まとめ

最後に今回の内容をまとめます。

この記事のまとめ

  • 職場のフキハラを回避する方法は「スルーすること」
  • フキハラ被害に遭いやすい人の特徴
    • 周りを気にしちゃう人
    • 空気を読む人
    • 繊細な人
  • フキハラに遭っても悩まない方法は「課題の分離」

今回は職場のフキハラについて書きましたが、家庭や学校など男女関係なく誰でも遭遇します。そして一番恐ろしいのはボクもあなたもいつか加害者側になるかわからないってことです。

で、ここまで真面目に書いてきてボクが一番ツボったのが下記。

フキハラは吹き出物。そっとしておくかオロナインでどうぞ。
おわりー。

コメント